平成29年度 小倉医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2304 366 424 750 735 513 993 1201 665 97
【定義】
平成29年度中(平成29年4月~平成30年3月)に当院の一般病棟を退院したの患者数を年齢階級別(10歳刻み)で表示しています。

【特徴】
当院が担う機能は、国の政策医療としての、がん、精神疾患、成育医療、肝疾患、内分泌代謝疾患、骨・運動器の6つの領域です。
中でも成育医療については、2009年6月に地域周産期母子医療センターの認定を受けており、未熟児・新生児医療、小児医療、周産期医療が充実していることもあり、10歳未満の患者数が最も多く、割合が全体の約29%となっております。
10歳未満の次に多い年齢層は70歳代となっており、60歳以上の割合については約37%となっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
糖尿病・内分泌代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 44 19.88 14.27 0 60.39
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全あり) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 38 22.92 14.63 5.26 63.11
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病あり 85歳未満 21 23.52 15.87 0 64.38
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症,非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 19 7.47 5.76 0 64.11
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85歳未満 18 20.61 11.16 0 54.56
【特徴】
当科は糖尿病認定教育施設、内分泌学会認定教育施設であり、糖尿病、内分泌代謝疾患に対して専門性の高い診療を行っております。
診療を行っている主な疾患の中でも、糖尿病については特に糖尿病教育入院に力を注いでいるため、2型糖尿病が多く推移しております。
糖尿病については、特に糖尿病教育入院に力を注いでいます。約3週間の入院にて、現在の糖尿病の状態の把握と治療方針の決定、食事・運動療法、糖尿病細小血管合併症や動脈硬化の評価、栄養士による栄養指導、薬剤師による服薬指導、医師・看護師による個別指導、フットケアを行っております。
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 処置2なし 32 18.56 11.44 0 73.59
060295xx99x0xx 慢性C型肝炎 手術なし 処置2なし 18 4.94 11.43 0 53.94
060300xx99x01x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり 13 32.15 21.43 23.07 71.38
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 12 20.92 13.04 16.67 65.5
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 10 12.8 9.9 10 75.8
【特徴】
肝臓内科の入院患者は慢性C型肝炎、肝、肝内胆管の悪性腫瘍での入院が多く推移しています。
ウイルス肝炎の治療は大きな転換期を迎えています。抗ウイルス薬の進歩により、C型肝炎については、ジェノタイプ1型、2型とも8~12週間の経口剤の服用だけでウイルスの駆除が可能になりました。
また、当院の肝、肝内胆管の悪性腫瘍の多くは肝細胞癌です。肝硬変では、食道静脈瘤、腹水等の合併症等のために入院が必要となることがあります。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 92 17.79 16.48 0 70.1
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2_5あり 定義副傷病なし 21 15.67 13.89 0 65.57
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 処置2_4あり 16 8.06 10.6 0 74.37
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 処置2_2あり 11 35.27 40.97 0 62
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 処置2_4あり 定義副傷病なし 10 26.3 33.42 10 73.6
【特徴】
当院血液内科では①悪性リンパ腫(非ホジキン)、②多発性骨髄腫、③白血病等の血液悪性腫瘍や、④再生不良性貧血、血小板減少性紫斑病等の難病指定血液疾患の治療を 行っています。 日本血液学会認定施設であり、国内で認められた標準的治療を中心に診療しています。北九州市という高齢化の著しい地域にあるため患者層も同様で、故に他疾患合併症を持ち複数の治療を必要とする方が多くなっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 59 19.65 29.93 10 73.37
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 49 11.99 19.88 10 71.35
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_9あり 18 10.56 5.89 0 67.56
040150xx99x0xx 肺・縦隔の感染,膿瘍形成 手術なし 処置2なし 17 23.68 17.06 5.88 66.64
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 14 14.6 12.43 0 75.93
【特徴】
当院呼吸器内科では、肺癌、肺炎、間質性肺疾患を主として呼吸器疾患全般を診療しています。
肺炎は重症度に応じて入院適応を判断し、退院後はかかかりつけ医との連携にて継続診療をお願いしています。
間質性肺疾患は、診断と引き続く治療目的にて入院となり、退院後も当院外来でフォローしています。
肺癌は、短期化学療法目的の入院と緩和目的の放射線治療が主です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 43 3.07 2.68 0 68.23
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 19 11.84 7.87 5.26 70.05
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 15 6.87 5.5 0 59.6
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃,十二指腸ポリープ・粘膜切除術 処置2なし 12 10.67 8.73 0 75
【特徴】
当院消化器内科では消化管、膵胆道系疾患の診断・治療を行ってます。平日は毎日外来診療、および消化器内視鏡検査を行っており、夜間・休日は消化器内科医のオンコール制をとっており吐血、下血などの緊急を要する症例に対し迅速に内視鏡治療ができるよう体制を整えています。消化管疾患以外にも胆嚢結石症による嵌頓や総胆管結石による疼痛・黄疸症例に対し外科との連携のもと対応しています。また、悪性疾患においては消化管の早期がん(食道がん、胃がん、大腸がん)に対する内視鏡的治療のほか、手術困難な食道がん、胃がん、すい臓がん、胆管がんに対する抗がん剤治療、放射線治療も積極的に行っています。残念ながら終末期に至った症例に対しても院内の緩和ケアチームのサポートにより十分なケアがなされるようチーム医療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 303 6.37 5.94 1.34 1.32
040070xxxxx0xx インフルエンザ,ウイルス性肺炎 処置2なし 199 6.34 6.03 2.73 0
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 187 7.07 5.7 3.03 0
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 165 5.27 5.5 3.73 0
140010x199x00x 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 144 9.36 6.18 0 0
【特徴】
小倉南区に位置し、地域の子ども達の入院治療を行っております。当科には大きくわけて二つの部門があります。新生児の治療をする部門(新生児部門)と新生児期以降の小児を主に治療をする部門(一般小児部門)です。新生児部門では、予定より早く出生した赤ちゃんが成熟して自宅に帰るまでの治療やサポートのための入院を多く受けています。一方、一般小児部門では、小児期の病気で頻度の高い肺炎や気管支炎の治療や、乳児期早期に罹患すると重症化しやすいRSウイルス感染症などでの入院治療も多く行っています。こどもの治療に特化したスタッフがおり、入院生活がより安心して送れるように日々努力しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_5あり 定義副傷病なし 93 4.00 4.38 0 68.68
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_6あり 定義副傷病なし 61 5.00 4.38 0 57.95
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_6あり 定義副傷病なし 54 4.61 4.47 0 79.04
060035xx99x30x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_3あり 定義副傷病なし 46 4.57 6.63 0 66.52
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 44 11.32 4.49 0 58.61
【特徴】
当科では手術だけでなく進行した癌に対する抗癌剤治療にも精通しており、大腸癌、胃癌、膵臓癌、胆道癌、乳癌などの多くの患者さんの抗癌剤治療を行っています。抗癌剤治療は使用する薬剤の内容や患者さんの状態に応じて通院で行うか入院していただき行うかを決定しています。多くの大腸癌患者さんの抗癌剤治療を行っています。胃がん・大腸がん(直腸・結腸)などの消化管の手術では、早期癌はもとより進行癌を含めて鏡視下手術に取り組んでいます。肝臓癌の鏡視下手術にも力を入れています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x102xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 73 2.97 2.84 0 3.74
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 51 2.94 3.26 0 2.67
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 24 6.29 5.56 0 11.25
11022xxx04xx0x 男性生殖器疾患 包茎手術 定義副傷病なし 12 3.00 3.54 0 3.83
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 11 11.91 9.88 9.09 10.55
【特徴】
近年では乳幼児の停留精巣、臍ヘルニア、白線ヘルニアや幼稚園、小中学生の急性虫垂炎等の手術が多く行われています。小児にも腹腔鏡手術や胸腔鏡手術を導入して、低侵襲での傷の目立たない手術を行っています。その他発生頻度は少ないですが新生児の食道閉鎖症や腸閉鎖症、胆道閉鎖症や胆道拡張症といった難易度の高い手術、尿道下裂や水腎症、膀胱尿管逆流症などの小児泌尿器疾患の手術も積極的に行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 36 30.11 19.94 27.78 79.72
070350xx97xxxx 椎間板変性,ヘルニア その他の手術あり 26 24.96 16.53 11.54 61.19
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 24 37.08 25.09 0 73.83
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 20 40.95 27.09 35.00 79.10
160620xx01xxxx 肘,膝の外傷(スポーツ障害等を含む) 腱縫合術等 16 26.81 11.41 0 40.43
【特徴】
平成28年度から四肢関節疾患(人工関節・骨切り術等)、脊椎外科を中心に診療を行っております。
入院は手術適応がある場合が多く、保存的治療対象である胸腰椎圧迫骨折や腰痛症・椎間板ヘルニアの保存的治療なども受け入れており、術後は回復期病棟への転院や、地域包括ケア病棟への転棟により経過観察を行っております。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 118 9.67 10.68 0 31.86
120170xx99x0xx 早産,切迫早産 手術なし 処置2なし 114 20.41 24.28 2.6 29.68
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 87 9.75 10.77 0 32.85
120170xx01x0xx 早産,切迫早産 子宮破裂手術等 処置2なし 79 31.42 38.89 0 32.81
120140xxxxxxxx 流産 65 2.43 2.37 0 34.95
【特徴】
当院は地域周産期母子医療センターです。胎児機能不全や分娩停止など緊急手術目的に母体搬送されるケースが多く、また早産予防のための母体搬送も数多く受け入れております。
帝王切開の既往や骨盤位など緊急を要さないものの帝王切開になりそうな症例も多数紹介され、診療しております。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 157 6.76 4.98 0 54.81
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 94 13.35 9.91 0 46.44
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術 腟式等 処置2なし 81 6.81 3.25 0 38.48
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 79 10.16 6.37 0 38.23
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 72 11.83 6.28 0 44.89
【特徴】
当院では子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌など、悪性腫瘍の治療に力を入れております。
手術療法・化学療法・放射線療法など行っておりますが、良性である子宮筋腫なども数多く取り扱っております。
子宮頚部異形成や上皮内癌などで円錐切除を行うケースも多数あります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障,水晶体の疾患 手術あり 両眼 144 5.05 5.9 0 74.49
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 90 2.73 2.85 0 73.10
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 46 9.96 10.21 0 58.50
020200xx9710xx 黄斑,後極変性 手術あり 処置1あり 処置2なし 46 7.74 7.31 0 68.84
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 20 9.8 8.51 0 74.40
【特徴】
白内障、網膜硝子体疾患、緑内障などの手術的な治療が必要な患者さんや加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症などの硝子体内注射が必要な患者さんを中心に、眼科全般の疾患の診療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 2 13 53 1 32 1 7
大腸癌 18 68 92 148 1 206 2 7
乳癌 37 21 19 11 1 29 1 7
肺癌 8 8 13 43 7 60 1 7
肝癌 10 23 6 9 0 53 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
5大癌について初発患者はUICC(国際対がん連合) のTNM分類から示される病期分類による退院患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数を表示しています。

【特徴】
がんのうち患者数の多い上記5つのがんについて、がんの進行度であるというUICC病期分類という国際分類別に集計したものです。がん診療の内容については、各診療科の診療内容をご参照ください。5大癌のうち、胃癌・大腸癌・肺癌のStageIII, StageIVは、定期的な入院化学療法を行っているために入院患者数が多くなっています。
厚労省の指示による集計方法を用いておりますので、「患者数」は計測期間内の退院患者数となります。複数回入院の場合は入院回数分が集計されています。癌の疑いで入院して癌でないと判定したのは「不明」分に集計しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 34 15.79 69.15
中等症 35 14.34 74.213
重症 7 9.14 66.71
超重症 3 46.67 78.33
不明 0 0 0
【定義】
成人の市中肺炎において、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢 を表示しています。
※成人市中肺炎とは一般社会生活を送っている人に見られる肺炎で、健康な人がかかることが多い肺炎ですが、御高齢の方や病気を持っている方にも発症することもあります。重症度はこの病気で一般的に用いられているA-DROPスコアを用いています。年齢(Age)、脱水(Dehydration)、呼吸(Respiration)、意識(Orientation)、血圧(Pressure)の5つを点数化して病気の重症度を評価します。

【特徴】
当院の患者数が最も多いのは中等症となっています。
平均年齢が上がるにつれて重症度が高くなる傾向です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 1 14 77 100
その他 0 0 0 0
【特徴】
当院は脳疾患専門の診療科がないため、患者数は少ない状況です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 32 4.59 11.66 0 72.63
533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 13 6.31 26.54 7.69 64.85
【特徴】
肝臓内科での血管塞栓術の多くは、肝細胞癌治療としての肝動脈塞栓術です。カテーテルを使って、肝細胞癌を栄養する血管から抗がん剤や塞栓物質を注入し、癌を攻撃する治療法です。内視鏡的食道、胃静脈瘤紮術の多くは、肝硬変の合併症としての食道静脈瘤の治療です。出血している、または出血する危険の高い食道静脈瘤に対して、症例により内視鏡的硬化療法との併用で治療します。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 44 0.11 2.23 0 67.55
6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 12 0.58 9.08 0 75.00
722 小腸結腸内視鏡的止血術 11 1.91 11.45 27.27 78.18
【特徴】
消化器内科としての手術は内視鏡を使っての消化管の良性腫瘍、早期悪性腫瘍の治療が主になります。結腸ポリープに対し内視鏡にて細いワイヤをかけて高周波電流で焼き切ったり、広基性のポリープ(特に早期がん)に対しては周りの正常な粘膜も含めて一括して剥ぎ取る治療(EMR,ESD)を行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 29 0 50.07 0 6.9
7151 腸重積症整復術(非観血的) 14 0.07 3.33 0.93 0
【特徴】
当院では、地域周産期母子医療センターを有しており、そのため未熟児の新生児も多く、当科での手術で最も多いのは、新生児仮死に対しての処置となっております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 49 3.53 9.06 2.04 58.39
6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 44 3.07 7.84 4.5 63.73
688 内視鏡的胆道ステント留置術 23 4.35 19.96 17.39 67.35
719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 22 5.27 18.05 0 75.77
708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 17 2.65 13.29 0 64.35
【特徴】
癌の手術以外でも当科では胆管結石の内視鏡治療にも力を入れており胆嚢と胆管の療法に結石のある患者さんの治療を多く行っています。このような場合でもほとんどが腹腔鏡手術での治療が可能です。また、抗癌剤を点滴する際に血管への負担が少ないように点滴用のカテーテルの埋め込みを行っています。鼠径ヘルニアに対しては患者さんのご希望に応じて小切開で行う手術と腹腔鏡で行う手術のどちらにも対応可能です。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 75 0.95 1.01 0 3.88
836 停留精巣固定術 50 0.94 1.00 0 2.72
718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 24 0.83 4.46 0 11.25
718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 10 0.8 10.7 10 10.8
【特徴】
小児鼠径ヘルニア、停留精巣の手術は乳幼児から学童児まで通常2泊3日で行っています。小児では全身麻酔下の手術になりますので準備のため手術前日と手術当日に宿泊して頂いています。手術前日入院が難しい方は当日朝入院、午後手術になります。麻酔科の要請もありいずれも手術当日は1泊して頂いています。虫垂切除術は腹腔鏡で行っていますので手術後は通常の開腹手術より早く食事開始や退院になっています。腹膜炎などの合併がなければ手術翌日から食事が始まり、手術後4~5日で退院して頂いています。その他、水腎症や膀胱尿管逆流症手術も腹腔鏡、膀胱鏡等で行っていますので従来の切開手術よりも手術後の入院日数が短縮されています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
0821 人工関節置換術(膝) 25 2 34.44 0 73.44
1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 19 6 17.67 0 53.6
1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 13 9.08 28 15.38 68.23
0461 骨折観血的手術(大腿) 12 3.42 35.25 25 77.75
1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 12 10.58 48.33 16.67 73.75
【特徴】
平成28年度から四肢関節疾患(人工関節・骨切り術等)、脊椎外科を中心に診療を行っております。
入院は手術適応がある場合が多く、保存的治療対象である胸腰椎圧迫骨折や腰痛症・椎間板ヘルニアの保存的治療なども受け入れており、術後は回復期病棟への転院や、地域包括ケア病棟への転棟により経過観察を行っております。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
8982 帝王切開術(選択帝王切開) 178 11.33 8.8 0 32.96
8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 156 4.99 9.42 0 31.18
9091 流産手術(妊娠11週まで) 61 0.18 1 0 35.25
907 胎児外回転術 40 2.35 1.15 0 30.88
897 頸管裂創縫合術(分娩時) 18 3.33 6.72 5.56 32.61
【特徴】
当院は原則、異常妊娠のみを取扱い、他院より紹介を原則としております。
分娩の約半数は帝王切開で、その中で予定手術と緊急手術が約半々となっております。
産科手術では異所性妊娠手術や頚管縫縮術なども多数行っておりますが、手術数としては、流産で紹介され手術となるケースが多くなっております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
877 子宮全摘術 100 2.86 10.06 0 48.97
8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 83 2.14 7.05 0 37.72
867-3 子宮頸部摘出術(腟部切断術を含む) 79 1 4.8 0 38.8
877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 64 2.92 8.97 0 48.3
861 子宮内膜掻爬術 54 0.39 0.98 0 48.85
【特徴】
子宮摘出術は腹腔鏡下手術が徐々に増加しておりますが、現時点では開腹での手術が多数を占めております。
子宮頚部異形成や上皮内癌での円錐切除は、診断目的や治療目的に盛んに行っております。
子宮付属器摘出術に関しましては、悪性の可能性が少ないケースでは大部分を腹腔鏡で行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 217 0.06 2.79 0 74.06
2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 132 0.31 7.2 0 68.68
2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 25 0.4 5.2 0 68.68
2682 緑内障手術(流出路再建術) 17 0.35 6.76 0 74
【特徴】
水晶体再建術(白内障手術)の件数は入院のみの件数で日帰り手術の件数を含みません。
また、両眼手術をされた方も1件として集計されています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.06
異なる 12 0.15
180010 敗血症 同一 14 0.17
異なる 8 0.10
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 7 1.09
異なる 3 0.04
【定義】
播種性血管内凝固、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症、について、入院契機病名と医療資源を最も投入した傷病名の同一性の有無を区別して患者数と発症率を示しています。
更新履歴
H30.9.27
小倉医療センター 平成29年度病院指標の公開