小 児 科

内 分 泌 ・ 代 謝 ( 専門外来 )

▼ 診 療 内 容

  • 内分泌・代謝外来では、内分泌疾患・糖尿病・先天性代謝異常症を中心に広く診療を行うとともに、 小児遺伝性疾患の相談窓口としても対応しています。
  • 受診の際はかかりつけ医からの紹介状と合わせて母子手帳など成長の記録が分かるものをお持ちください。

▼ 主な内分泌・代謝疾患

内分泌疾患

  • 下垂体ホルモン欠損症、甲状腺疾患、副腎疾患、性分化疾患、 1型・2型糖尿病、骨系統疾患などの小児内分泌疾患の診療や、 肥満・やせの問題、思春期早発・遅発、低身長・高身長といった成長障害、 さまざまな遺伝疾患(Turner症候群、Prader-Willi症候群など)の診療も担当しています。 1型糖尿病ではインスリンポンプ(CSII/SAP)、カーボカウントによる治療にも対応しています。

先天性代謝異常症

  • アミノ酸代謝異常症(フェニルケトン尿症、尿素サイクル異常症、プロピオン酸血症など)、 糖代謝異常症(糖原病、ガラクトース血症など)、金属核酸代謝異常症(ウィルソン病など)、 ムコ多糖症、脂質代謝異常症などのほか、様々な遺伝性代謝疾患の診療にあたっています。 また新生児マススクリーニング対象6疾患ならびに タンデムマススクリーニング検査陽性例の2次精密検査ならびにフォローアップ機関として対応しております。

▼ 診 療 体 制( 外 来 )

外来診療担当医 時間
   (診療)

小児科医師(内分泌・代謝)

    牧 村 美 佳
午前
午後

★7月まで休診です

前ページへ戻る
ページのトップへ戻る