先 進 医 療 な ど の 手 術  

遺伝性乳癌卵巣癌症候群

腹腔鏡下予防的卵管、卵巣切除を行っています。
保健採用されていなく、入院料を含め全て自己負担となります。
自己負担額は約90万〜100万円です。

早期子宮頚部癌に対する「腹腔鏡下広汎性子宮全摘術」

早期子宮頚部癌に対する「腹腔鏡下広汎性子宮全摘術」が当科に対して「先進医療」として厚生労働省より受理されました。
手術が「先進医療」となりますので、この部分は自己負担となりますが、 他の開腹手術と同様に診察・検査・投薬・入院料等は保険診療となります。
当科で設定の先進医療の自己負担分は598,000円です。
但し予定外の手術の追加が必要となったり、従来どおりの開腹術に移行 した場合、また術後の合併症などに関しては通常どおりの保険診療で行 います。
先進医療についての詳細は下記をご参照ください。
先進医療の概要について(厚生労働省)
前ページへ戻る
ページのトップへ戻る