臨床検査科

小倉医療センターの研究検査部の詳細をそれぞれご案内しております。

一般・血液検査部門

一般検査

  • 尿定性検査
  • 尿沈渣
  • 尿定量検査(蛋白、糖)
  • 便検査
  • 髄液検査
  • 体腔穿刺液検査
  • 分泌液検査

輸血検査

  • 免疫血液学的検査
    • ABO式血液型
    • Rh式血液型
    • 直接クームス試験
    • 間接クームス試験
    • 不規則抗体スクリーニング
    • 不規則抗体同定
    • ABO式血液型亜型検査
  • 輸血用血液の受付・管理
  • 自己血貯血の受付・管理

血液検査

  • 血球計算(白血球数、赤血球数、血小板数、ヘモグロビン、ヘマトクリット値等)
  • 網状赤血球数
  • 血液像
  • LE細胞試験
  • NAPスコア
  • 骨髄検査
  • 白血球特殊染色

凝固検査

  • 出血時間
  • フィブリノーゲン定量
  • プロトロンビン時間
  • 活性化部分トロンボプラスチン時間
  • ヘパプラスチンテスト
  • トロンボテスト
  • アンチトロンビン活性
  • FDP定量
  • Dダイマー定量

生化学・免疫検査部門

生化学検査

  • 分析装置:JCA-BM1650(日本電子)

    <検査項目>

    血清総蛋白、アルブミン、AST、ALT、LD、γ-GTP、コリンエステラーゼ、尿素窒素、クレアチニン、、ビリルビン、電解質、カルシウム、アミラーゼ、血糖、マグネシウムなど

  • 分析装置:ARCHITECT(アボットジャパン)

    <検査項目>

    TSH、FSH、プロラクチン、FreeT3、FreeT4、CEA、CA125、CA19-9、AFP、フェリチン、β-HCG、HCV抗体、HBs抗原・抗体、HIVT・U、など

  • 分析装置:BNU(DADE BEHRING)

    <検査項目>

    免疫グロブリン(IgG、IgA、IgM、IgE)、リウマチ因子など

  • 用手法

    <検査項目>

    マイコプラズマ抗体、ASK、HTLV-T抗体、妊娠反応など


糖尿病教室へのお誘い

当院では2週間にわたり糖尿病教育入院が実施されており、我々もスタッフの一員として、糖尿病患者さんにお話をさせていただいております。

  • 糖尿病の検査についての説明
  • 簡易血糖測定器の使い方について
  • 検査についての質疑応答

などわかりやすいことば使いとなごやかな雰囲気づくりを心がけています。

細菌検査部門

検査項目

  • 一般細菌培養・同定
  • 真菌培養
  • 抗酸菌検査
  • 薬剤感受性試験
  • 院内感染対策(MRSA、他)
  • 食中毒対策
  • その他

病理・細胞診断部門

概要

平成27年度 組織検査 約3,500件、迅速検査 約70件、細胞診 約4,000件、病理解剖 3件です。技師3名で行っています。当病院は、卵巣腫瘍、子宮頸癌、肝疾患、肺腫瘍、胃・大腸疾患等を中心に標本の作成を行っています。

病理組織検査

婦人科材料、胃内視鏡生検組織、外科材料、気管支鏡生検組織、肝生検組織を中心に、通 常のHE染色に加え、免疫染色等多種の特殊染色に対応しています。

細胞検査

細胞検査士を中心に業務を行っています。外来での乳房、甲状腺、リンパ節、放射線科にて、気管支境穿刺・吸引細胞診等の塗抹を行い、診断報告の迅速化に努力を払っています。

生理検査部門

循環器系

  • 心電図検査(12誘導)
  • 運動負荷試験(マスター2段階法、トレッドミル法、エルゴメーター法、薬剤負荷法)
  • ホルター心電図検査
  • 自律神経系検査(ODテスト、CV R-Rテスト)
  • 心臓エコー検査

神経系

  • 脳波検査

呼吸器系

  • 肺機能検査

耳鼻咽喉科系

  • 聴力検査

    標準純音聴力検査、チンパノメトリー、耳小骨筋反射検査、内耳機能検査

外科系

  • 乳腺エコー

     

内科系

  • 頚部血管エコー