臨床検査科

小倉医療センターの研究検査科の概要をご案内しております。

理念: 慈愛の心を忘れず、常に向上心を持ち、チーム医療を念頭に、24時間365日、    
     高精度な検査データを迅速に診療部門へ提供する。

 人員構成は、病理医2名(臨床検査科長、副科長)、臨床検査技師20名(臨床検査技師長、副 臨床検査技師長、主任検査技師6名)、助手1名の23名です。  臨床検査とは人の体液(血液、脳脊髄液など)、排泄物(尿、便、痰など)、組織(臓器、 筋肉、皮膚など)を化学的、細胞学的、電気学的に分析をして臨床診断の補助をする業務 で、専門教育を受けた病理医や臨床検査技師が担当しています。

 今日の医療の進歩発展は目覚しく臨床検査の分野においても大きな変革をもたらしまし た。検査項目や検査法は多種多様化し、その発展は臨床診断に大きく貢献したが、その一 方で医療費の増大を招く一因となっており、これからの臨床検査技師は、医療技術の革新 はもとより経営管理も念頭に、日々国民のために職務を遂行しなければならないと考えて います。

  当臨床検査科は、一般・血液学検査室、生化学・免疫学検査室、細菌・微生物学検査室 の検体検査部門、病理学・細胞診検査診断部門および生理機能検査部門とで構成されています。

一般・血液検査部門

 検査の序にあたる尿検査、便の検査を一般検査で行っています。血液検査では、貧血 や白血病などの診断情報、出血傾向の判定等を検査します。又、安全な輸血を的確によ り速く行うための輸血管理をこの部屋で行います。

生化学・免疫検査部門

 生化学検査では、AST、ALT等の肝機能検査、血糖値の測定、腎機能検査等を行いま す。免疫検査では、B型肝炎、C型肝炎等の抗原・抗体検査、梅毒検査や各種感染症の 検査を行います。

細菌検査部門

 近年話題になっている病原大腸菌O-157等の食中毒の原因菌の検索、院内感染として恐れられているMRSAの判定等、細菌感染の原因究明や、薬剤感受性検査を行います。

病理・細胞診断部門

 人体のあらゆる場所からの検体から、良性・悪性細胞の判定をする部です。 癌の早期  発見に大いに力を発揮しているところです。

生理検査部門

 心電図検査、超音波検査、脳波検査、筋電図検査、聴覚検査を行います。