★ 看 護 職 員 の 教 育 ★

教 育 理 念
 

  • 専門職業人として看護の専門性を追求し、 地域住民から信頼される質の高い看護を提供できる助産師・看護師を育てる。

教 育 目 的
 

  • 国立病院機構小倉医療センターおよび看護部の理念・目標にそって看護を実施し、 当院に機能付与された政策医療(がん、肝疾患、精神疾患)、 機能付与されていないが強化している政策医療(成育、内分泌代謝疾患、骨・運動器)に対応できることをねらいとし、 判断力と実践能力を身につけ質の高い看護が提供できる人材を育成する。

教育研修プログラムの概要
 

コ ー ス 目   的
PG ACTy
ナースレベル
対象 コース名






T 新人看護
職員
新人 看護実践に必要な基礎的能力(知識・技術・態度)を習得する
U 実務経験
2年目
実務T前期 所属部署において必要な看護を実践するために、科学的根拠に基づいた看護を実践する
V 実務経験
3年目
実務T後期 チーム医療の一員として、患者に必要な看護マネジメントができる能力を養う






V



4



プリセプター 新人看護職員を支援する看護実践者の先輩として、支援的役割を果たす能力を養う
W 看護研究 研究対象の倫理的配慮を理解し、専門職業人として研究的態度を養う
W ジェネラリスト 自分の看護を内省し語り合うことで、看護の価値を見出し、倫理的行動を養う
W 人材育成 人材育成のための基礎的知識・技術を学習し、後輩支援に活用しながらチームで支援する能力を養う
W 小児看護 小児看護に必要な基礎的知識・技術を学習し、児とその家族に応じた看護を実践、後輩のモデル的役割を果たす
W がん看護 がん看護に必要な基礎的知識・技術を学習し、患者・家族の意思決定に寄り添う能力を養う
W 精神リエゾン 精神看護に必要な基礎的知識・技術を学習し、患者・家族の倫理的問題の解決に向けた能力を養う
W 家族看護 家族看護に必要な基礎的知識・技術を学習し、患者・家族の意思決定に寄り添う能力を養う
Page Top