プログラムの特色・特徴

プログラムの特色
バランスとれた公的病院

  • 当院は臨床研修に必須な5つの主要な診療科(内科、外科、小児科、産婦人科、精神科)を 全て院内に有するバランスのとれた公的総合病院
  • 将来どの科を専門にしても役立つ、特定の診療科に偏らない基礎的幅広い研修を目的としている
  • 内科6ヶ月、外科3ヶ月の研修は専門診療科に細かく分割せず、 各1人の責任指導医が担当期間を通して1人の研修医を受け持ち、 内科医・外科医としての臨床医の基礎的 要素を広く偏りなく指導する

研 修 科 目

  • 1年次必須研修科目 : 内科、外科、救急
    当初の11か月は内科、外科、救急を基本研修科目として研修する。
  • 2年次必須研修科目:精神科、地域医療および小児科又は産婦人科
    次に精神科、地域医療を1ヶ月研修する。
  • 1年目自由選択科目 : 原則として 外科、小児科、産婦人科、 精神科、眼科、整形外科、皮膚科、放射線科を選択する。
  • 2年目自由選択科目:原則として当院の診療科より研修医の希望に応じ選択する。
    但し1年次・2年次の研修科目が不十分な場合はこのかぎりではない。

Page Top