国立病院機構 小倉医療センター

   放 射 線 部

小倉医療センターの放射線部についてご案内

   放射線科は、3つの部門(放射線撮影透視部門・核医学部門・放射線治療部門)に分かれています。
 撮影透視部門では消化器疾患、呼吸器疾患等の早期発見、病期診断を目的とし、CT、MRI、一般撮影、造影透視等が行われています。MDCT(多列検出器型CT)の登場により、 広範囲かつ詳細なCT画像が得られるようになり、当院では64列CTで得られた画像データを3Dワークステーションに送り、画像を再構成して臓器や血管、腫瘍の3次元表示が可能です。 MRIでは1.5テスラ装置により、整形外科・婦人科・小児科で多くの検査を行っています。また、乳房X線撮影において、 検診マンモグラフィ撮影認定資格を有した女性技師が撮影する事で患者さんの羞恥心をやわらげ、リラックスした気持ちで検査を受けていただき、かつ乳がん検診、 2次検診にて早期発見率の向上を目指しています。 血管造影検査室では、肝臓癌に対するTACE(Transcatheter Arterial Chemo Embolization:経皮的肝動脈塞栓術)を多く行っています。
 核医学部門では骨シンチ(主に転移性骨腫瘍の早期診断)などの画像診断に加え、脳疾患を中心にSPECT(Single Photon Emission CT)を利用した機能診断を行っています。
 放射線治療部門では、リニアック装置で呼吸器癌、乳癌、婦人科癌、転移性骨腫瘍、転移性脳腫瘍等の治療を行っています。
 放射線検査により得られた画像はすべてコンピュータサーバー内に保存され、PC端末から必要時にいつでも閲覧できるようになっており、 以前取得した画像を撮影等の参考にしたり、比較することも容易にできます。保有しているCT装置、MR装置、RI装置を病診連携施設の先生方にも広く活用していただけるように、 地域医療連携室の協力のもと、院外からの検査依頼を積極的に受け入れています。
 平成27年度はCT244件、MR233件、核医学検査8件等の検査を実施し、得られた画像をCDにして、診断レポートを同封して、ご依頼先に送付しました。

設 置 機 器

放 射 線 撮 影 透 視 部 門
一般撮影装置3台
乳房撮影装置1台
透視撮影装置2台
CT装置1台
MRI装置1台
血管撮影装置1台
ポータブル撮影装置3台
外科用TV透視装置1台
核 医 学 部 門
RI検査装置1台
放 射 線 治 療 部 門
リニアック装置1台
X線シュミレータ装置1台

有している国家資格・認定資格等 (平成29年1月1日現在)

資 格 名人 数
第1種放射線取扱主任者3名
第1種作業環境測定士3名
第2種作業環境測定士1名
衛生工学衛生管理者2名
エックス線作業主任者1名
ガンマ線透過写真撮影作業主任者1名
放射線治療専門放射線技師1名
放射線治療品質管理士1名
検診マンモグラフィー撮影認定技師3名
超音波検査士(消化器・表在臓器)1名
放射線管理士1名
放射線機器管理士1名
肺がんCT検診認定技師1名
X線CT認定技師1名
塩化ストロンチウム-89治療安全取扱講習会修了者1名
シニア診療放射線技師3名
業務拡大に伴う統一講習会受講者2名

検 査 の ご 案 内

各検査についてご案内しております。下のアイコンから希望の検査をクリックして下さい。
検査の説明がご覧になれます。
核医学検査(RI) マンモグラフィ 血管造影(アンギオ)
超 音 波 一 般 撮 影 放 射 線 治 療
M R I X 線 T V C T
前ページへ戻る
ページのトップへ戻る