国立病院機構 小倉医療センター

一 般 撮 影

一般撮影検査

・一般撮影検査は、「X線(レントゲン)写真」の撮影を行う検査です。
・主に胸部や腹部、骨、関節などの撮影を行います。
・診断目的によって、立った状態、寝た状態など撮り方を変えて撮影します。

図A. 一般撮影室内の様子 図B. 小児胸部専用撮影台

お子さまの撮影について

・当院の撮影室(図A)には、0〜2歳程度までを対象とした小児胸部専用撮影台(図B)を設置しています。
    この撮影台を使用する場合、スタッフ2名に合わせて、保護者の方にもお手伝いをお願いしています。
    保護者(介助者)には放射線防護の為に、鉛エプロンを着ていただいた状態で、お子さまの腕を支えて
    いただきます。
    スタッフが説明しながら撮影を行いますので、ご不明な点がございましたら、遠慮なくお聞きください。

・胸部撮影に限らず、小さいお子さまの撮影の際は、安全に配慮しながらスタッフ2名体制で撮影をします。
    保護者の皆様にご協力をお願いすることがあります。ご理解とご協力のほど、お願いします。

検査に要する時間

・検査時間は、撮影する部位と枚数によって異なります。
    以下の表を参考にしてください。

撮影部位撮影枚数検査時間
胸部 1枚 3分
3枚 8分
腰椎 6枚 15分
2枚 5分

注 意 事 項

・ 妊娠中または妊娠の可能性がある方は、事前に申し出て下さい。
・撮影部位に、金属類・プラスチック類がないかをチェックし、必要に応じて外していただきます。
    また状況によって、検査着に着替えていただく場合もあります。
〈各部位において外していただく場合があるもの〉
頭部・頚部 メガネ・ネックレス・ピアス・補聴器・ヘアピン・入れ歯等
胸部 衣類(ブラジャー・キャミソール・ボタン・厚手プリント)
ネックレス・湿布・エレキバン・セーター類
腹部・骨盤部 衣類(ボタン・厚手プリント)・ベルト・コルセット
湿布・カイロ・エレキバン
上肢・下肢 腕時計・ブレスレット・指輪・湿布など
その他 貴重品・カギ・携帯・スマートフォンなど
・混雑時や検査内容によっては、待ち時間の延長や撮影の順番が前後することがあります。
・検査について分からないことがありましたら、遠慮なくスタッフにお尋ねください。
前ページへ戻る
ページのトップへ戻る