国立病院機構 小倉医療センター

マンモグラフィ

マンモグラフィ

・ 乳房専用のX線撮影です。
・ 乳房はやわらかい組織でできているため、専用のX線装置を使用して撮影します。
・ マンモグラフィでは、触ってもわからないような早期の小さな乳がん、およびしこりを作らない乳がんを白い影(腫瘤)や
   細かい砂粒状の影(石灰化)として見つけることができます。

検査について

・ 乳房を片方ずつ、上下方向と斜め方向から撮影します(計2〜4枚)。
・ 乳房を圧迫し、薄くして撮影します。乳房を薄くすることで少ない放射線量で
    すみ、良い写真が撮れます。
・ 当院では女性の放射線技師が撮影します


検 査 時 間

・ 検査時間は15分ほどです。
・ 乳がん検診と精密検査では、撮影内容が若干異なる場合があります。

注 意 事 項

・ 妊娠中または妊娠の可能性がある方は、事前にお知らせください。

・ 乳房に痛みや分泌物を認める場合は、事前にお知らせください。

・ 心臓ペースメーカーおよび除細動器をされている方は、乳房を圧迫することによりペースメーカーの位置がズレたり、
    リード線に支障をきたす恐れがありますので、事前にお知らせください。

・ 豊胸手術を受けられた方は、乳房を圧迫することにより内容物が破損する可能性がありますので、事前にお知らせください。

・ 脳室−腹腔内シャントをされている方は、乳房を圧迫することにより器具が破損する可能性がありますので、
    事前にお知らせください。

・ 乳腺が張っていると、撮影時の痛みは強くなります。生理開始より1週間から10日後の検査をおすすめします。
前ページへ戻る
ページのトップへ戻る